コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打成一片 タジョウイッペン

デジタル大辞泉の解説

たじょう‐いっぺん〔タジヤウ‐〕【打成一片】

禅宗で、一切の執着を捨てて座禅に専念し、対象と心とが平等一体になること。
他を顧みず、一つのことをつきつめていくこと。一心不乱。
「儕(おのれ)が―にて主君の謀叛を止めたらば」〈浄・河内国姥火〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たじょういっぺん【打成一片】

〘仏〙 禅宗で、座禅によって実現する、自他・内外・心身などの諸対立が消滅し、すべてが一体となった悟りの心境。座禅に没頭すること。
一切を忘れて専心すること。 「 -ニ学文ヲスル/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打成一片の関連キーワード禅宗座禅

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android