コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)掛ける/打(ち)懸ける ウチカケル

1件 の用語解説(打(ち)掛ける/打(ち)懸けるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うち‐か・ける【打(ち)掛ける/打(ち)懸ける】

[動カ下一][文]うちか・く[カ下二]
物をひっかけて下げる。また、ひょいとのせる。「上着をいすの背に―・ける」
軽く腰を掛ける。ちょっともたせかける。
「捨舟の端に腰―・けて瀬戸内海を眺めた時」〈虚子・俳諧師〉
(「撃ち掛ける」とも書く)相手に向けて銃砲などを発射する。「鉄砲を―・ける」
打とうとする。途中まで打つ。「ボールを―・けて止める」
打ちおろしてひっかける。
「舟のうちより熊手をもって…二三度まで―・けけるを」〈平家・一一〉
浴びせかける。
「(酒ヲ)家あるじに、頭より―・けて」〈宇治拾遺・三〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone