コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打放しコンクリート うちはなしコンクリート

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

打放しコンクリート
うちはなしコンクリート

建築用語。建築物に一切仕上げを施さず,コンクリートの型枠をはずした面をそのまま仕上げ面とするもの。型枠表面の凹凸を装飾的に扱うこともあったが,最近では平滑な面を強調するものが多い。施工に際しては型枠表面が美しいこと,型枠組立てに高い精度が要求されること,密実なコンクリートを使用しなければならないこと,など困難な点も多い。しかしコンクリート素材のもつ美しさを直截に表現するこの手法は,近代建築家の多くが好むところとなったが,完成後の汚れによるメンテナンスの問題と,1970年代頃からの近代建築のテーゼに対する反動によって,以前ほど盛んには用いられなくなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

打放しコンクリートの関連キーワードユニテ・ダビタシオン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

打放しコンクリートの関連情報