コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打放コンクリート ウチハナシコンクリート

リフォーム用語集の解説

打放コンクリート

コンクリート造建築物の仕上げの一種。 基本的には現場打ちコンクリートの上に、塗装・タイル石張りなどの仕上げ工程を省き、型枠を外した直後のむき出しのままの状態のコンクリートを仕上げとする手法。そのままでは雨水浸透による劣化や黒カビ・藻などによる汚染が心配されるため、耐水性を上げる撥水材を塗布する事が一般的になっている。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android