コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打鳴 うちならし

世界大百科事典 第2版の解説

うちならし【打鳴】

仏事用の鳴物(楽器)の一種。寺院で用いられる鏧(きん)―(けい)を小型にしたもので,一般家庭の仏壇に置かれる。響銅製で小さな鉢の形をしており,下に座布団を敷き,細い金属製の棒,または木製の細棒で縁を打って音を出す。鏧,鏧子(けいす),小鏧(しようきん),鋺(金椀)(かなまり),鈴(りん)などともいう。また打鳴は寺院で用いる大型のものを指す場合もある。【塚本 篤子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

打鳴の関連キーワードアメリカインディアン音楽コリュバンテスチェロカンサパテアドクレテスシンバル体鳴楽器啓白の鐘ゴング太鼓踊打楽器迦陵頻笏拍子金剛鈴スリ梵鐘ブイ礼盤護摩雲板

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android