コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打鳴 うちならし

1件 の用語解説(打鳴の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うちならし【打鳴】

仏事用の鳴物(楽器)の一種。寺院で用いられる鏧(きん)―(けい)を小型にしたもので,一般家庭の仏壇に置かれる。響銅製で小さな鉢の形をしており,下に座布団を敷き,細い金属製の棒,または木製の細棒で縁を打って音を出す。鏧,鏧子(けいす),小鏧(しようきん),鋺(金椀)(かなまり),鈴(りん)などともいう。また打鳴は寺院で用いる大型のものを指す場合もある。【塚本 篤子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

打鳴の関連キーワード王冠龕像擦弦楽器ショームタムタム仏事莫目銀行簿記鳴物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone