コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持つ モツ

2件 の用語解説(持つの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

も・つ【持つ】

[動タ五(四)]
手にとる。手の中ににぎる。「重たい荷物を―・つ」「右手にペンを―・つ」
身につける。たずさえる。携帯する。「財布を―・たないで出かける」「いつもハンカチを二枚―・っている」
所有している。また、自分のものにする。「別荘を―・つ」「栄養士の資格を―・つ」「所帯を―・つ」
受け持つ。担当する。「重要な役目を―・つ」
自分のものとして引き受ける。負担する。「責任を―・つ」「費用は会社が―・つ」
身に備える。ある性質・状態などを有する。「ピアニストの素質を―・つ人」「不思議な輝きを―・つ宝石」
心の中にいだく。「悩みを―・つ」「大きな夢を―・つ」
場などを設ける。設定する。「党首会談を―・つ」「団体交渉を―・つ」「旅行の計画を―・つ」
長くそのままの状態を保ち続ける。もちこたえる。「夏場でも―・つ食品」「これじゃとてもからだが―・たない」
[可能]もてる
[下接句]江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ男は気で持て肩を持つ座を持つ所帯を持つ臑(すね)に疵(きず)持つ太鼓を持つ提灯(ちょうちん)を持つ根に持つ根葉に持つ箸(はし)より重い物を持たない身が持たない持ちつ持たれつ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もつ【持つ】

( 動五[四] )
(手・腕などで)物の重量をささえた状態を保つ。保持する。 「右手で-・つ」 「荷物を両手に-・つ」
物の一部分をつかむ。 「ほうきの柄を-・つ」 「筆を-・つ」 「綱の端を-・って引っぱる」
所持する。携帯する。 「あいにく小銭を-・っていない」 「傘を-・って出かける」
所有する。 「車を-・つ」 「店を-・つ」 「自分の家を-・ちたい」
権利・資格などを備えている。 「選挙権を-・つ」 「車の免許を-・っている」
家族・友人などを得る。 「いい息子さんを-・って幸せですね」 「 - ・つべきものは友達だ」 「所帯を-・つ」 「家庭を-・つ」
ある物や属性を身に備えている。 「音楽の才能を-・った少年」 「古い伝統を-・った学校」 「言葉の-・つ意味」 「茎はにがみを-・つ」
気持ち・感情などを心に抱く。 「自信を-・つ」 「誇りを-・つ」 「恨みを-・つ」 「何の疑いも-・たなかった」 「山路越えむとする君を心に-・ちて安けくもなし/万葉集 3723
他と関連がある。他と関連を結ぶ。 「交際を-・つ」 「あの団体とは何のかかわりも-・っていない」
(会合を)開く。 〔翻訳調の言い方〕 「話し合う機会を-・ちたい」
負担する。 「送料はむこうが-・つ」 「責任は私が-・ちます」
自分の仕事・任務として引き受けて扱う。 「医者の他にもう一つ仕事を-・っている」 「一年生を-・つ(=担任スル)」
ある状態が維持される。また、消費・消耗し尽くされないで残る。 「この靴は三年も-・った」 「生物なまものは三日と-・たない」 「働きづめでは体が-・たない」 「人の言葉をいちいち気にしていては身が-・たない」
支える。 「肩を-・つ」 「あの店は奥さんで-・っている」
用いる。使う。 「木鍬こくわ-・ち打ちし大根/古事記 」 「真榛まはり-・ちすれる衣の盛り過ぎ行く/万葉集 1156
[可能] もてる
もてる(下一)もてる(連語)
[慣用] 提灯ちようちんを- ・根に- / 聞く耳持たぬ ・そこへ持ってきて ・間が持てない

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

持つの関連キーワード泡立つ筋立つ建つ爪立つ手に取るよう煮立つ引っ立つ役立つ押っ立つ皺立つ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

持つの関連情報