コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投石具 とうせきぐ sling

翻訳|sling

2件 の用語解説(投石具の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

投石具
とうせきぐ
sling

狩猟具,武器の一種。紐の中央部に石を載せ,紐の両端を持って回転させ,紐の一端を放すことによって石を飛ばす。このような方式のものは,古代オリエントギリシアローマにみられた。一方,弓によって石を飛ばす方式も古代中国や南アメリカ諸民族にみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

投石具
とうせきぐ

(ひも)の中央部を広くして、ここに石を包み込み、紐の両端を握って頭上で振り回し、片端を放すことで石を遠くに飛ばす仕掛け。ヨーロッパでは青銅器時代に広く分布し、ミケーネ文化の記念碑に描かれ、『旧約聖書』の「サムエル記」上、第17章にも記載がある。さまざまな民族の間でも知られ、材質、形態、目的もさまざまである。ミクロネシアのポナペ島で報告されたハイビスカスの繊維で編んだものや、南米のインカ帝国で用いられた布製、革製のものは武具の一種である。一方、狩猟用具としての投石具は、南米のアンデス地帯、チリ最南端のフエゴ島、アルゼンチンのパタゴニア、さらにメラネシアやポリネシアで知られており、ボリビアの先住民集団アイマラやチベット諸民族の間では玩具(がんぐ)としても利用されている。このほか、インカ帝国では、成人儀礼の際、勇敢さ、力強さを与えるため、親類がこれで子供を打ち据えたといわれ、また雷神が左手に持つ道具とも考えられていた。ネパールの民族で、悪魔を石に封じて投げ捨てる事例が報告されていることからも、しばしば宗教的な意味づけがなされたことが考えられる。[関 雄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投石具の関連キーワード宝塔紙腔琴大瓶束鳥居枠紐の緒猟具石弓水は舟を載せ又舟を覆す回転盆オンダ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone