コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押出遺跡 おんだしいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

押出遺跡
おんだしいせき

山形県東置賜郡高畠町深沼字押出に所在する縄文時代前期の集落跡。 1985年から3年間にわたって行われた発掘調査によって約 35棟の住居跡の存在が確認された。これら住居跡の形態は,通常の同時期の遺跡でみられる「竪穴式住居」とは異なり床を掘下げない平地式の「壁立式住居」であり,柱に丸太あるいは割材を用いて先端をとがらせて打込んである。また掘立柱による大型の建物も1棟検出されている。出土した遺物には赤と黒の2種の漆を使用した彩文土器や漆塗りの木製大杯,その他各種漆製品や櫂 (かい) ,杓子 (しゃくし) ,へら状・弓状木製品,縄・編物の断片,基部の付いた尖頭器石鏃 (せきぞく) などのほかに異形石器,石製装飾品,漆の塊といった特殊なものもある。特に漆製品の存在はきわめて高度な漆技術があったことを裏付けるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android