コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押川則吉 おしかわ のりきち

2件 の用語解説(押川則吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

押川則吉 おしかわ-のりきち

1863*-1918 明治-大正時代の官僚。
文久2年12月19日生まれ。農商務省をへて,明治30年山形県知事となり,熊本県などの知事,農商務次官,内務次官を歴任。44年貴族院議員。大正6年八幡製鉄所長官のとき贈収賄事件がおこり,その責任を追及されて7年2月18日自殺した。57歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。駒場農学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

押川則吉

没年:大正7(1918.2.18)
生年:文久2.12.19(1863.2.7)
明治大正時代の官僚。鹿児島藩士押川乙五郎の長男。駒場農学校(東大農学部)卒業後,明治16(1883)年農商務省に入り,農学士,農芸化学士の学位を授けられた。新潟県御用掛を勤めたのち21年フランス大博覧会事務官補としてフランスに出張,同時に農事経済取調のため欧州各国を歴訪した。24年帰国し農商務技師,台湾総督府民政局事務官,同殖産部長,山形・大分・長野・岩手・熊本各県知事などを歴任。のち第2次桂内閣の農商務次官,第3次桂内閣の内務次官を務め,東洋拓殖会社設立委員,鉱毒調査会委員長,神職高等試験委員長などにもなり,製鉄所長官も務めた。44年には貴族院議員に勅選された。

(小林和幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

押川則吉の関連キーワード安田定則押川一郎蒲生仙島津荘之助島津長丸園田安賢野村盛秀山田揆一湯地幸平湯地定基

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone