コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押川則吉 おしかわ のりきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

押川則吉 おしかわ-のりきち

1863*-1918 明治-大正時代の官僚。
文久2年12月19日生まれ。農商務省をへて,明治30年山形県知事となり,熊本県などの知事,農商務次官,内務次官を歴任。44年貴族院議員。大正6年八幡製鉄所長官のとき贈収賄事件がおこり,その責任を追及されて7年2月18日自殺した。57歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。駒場農学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

押川則吉

没年:大正7(1918.2.18)
生年:文久2.12.19(1863.2.7)
明治大正時代官僚。鹿児島藩士押川乙五郎の長男。駒場農学校(東大農学部)卒業後,明治16(1883)年農商務省に入り,農学士,農芸化学士の学位を授けられた。新潟県御用掛を勤めたのち21年フランス大博覧会事務官補としてフランスに出張,同時に農事経済取調のため欧州各国を歴訪した。24年帰国し農商務技師,台湾総督府民政局事務官,同殖産部長,山形・大分・長野・岩手・熊本各県知事などを歴任。のち第2次桂内閣の農商務次官,第3次桂内閣の内務次官を務め,東洋拓殖会社設立委員,鉱毒調査会委員長,神職高等試験委員長などにもなり,製鉄所長官も務めた。44年には貴族院議員に勅選された。

(小林和幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

押川則吉の関連キーワード升巴 陸龍升巴陸竜

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android