コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押(し)掛ける オシカケル

デジタル大辞泉の解説

おし‐か・ける【押(し)掛ける】

[動カ下一][文]おしか・く[カ下二]
招かれないのに、かってに出向いていく。「祝い客が―・ける」
勢いこんで出向いていく。また、大ぜいが一つところに出向く。押し寄せる。「―・けていって談判する」「特売場に客が―・ける」
襲いかかる。
「それに乗りて―・けたらんは、誰か手向かへはすべき」〈今昔・二五・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone