コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集る タカル

デジタル大辞泉の解説

たか・る【集る】

[動ラ五(四)]
一つところにあつまる。よりあつまる。群がる。「見物人が黒山のように―・る」「バラに油虫が―・る」
人に金品をせびる。また、おどして奪い取る。「先輩に食事を―・る」「不良グループに―・られる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たかる【集る】

( 動五[四] )
大勢の人が、好奇心などから、一か所に集まる。 「新型の車に客が-・っている」
虫などが群がる。 「アリが飴に-・っている」 「ハエの-・った菓子」 「ほこりが-・る」
人を脅して、金品を取り上げる。 「チンピラに-・られた」
知人にねだって、金品や食事を提供してもらう。おごらせる。 「先輩に-・る」
[可能] たかれる
( 動下二 )
に同じ。 「蛆うじ-・れ許呂呂ころろきて/古事記
[慣用] 寄ってたかって

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

集るの関連キーワードヤマアジサイ(山紫陽花)チャップマンシマウマセストサンジョバンニハノーバー・メッセグリニッチビレッジヨーホー国立公園ペグマタイト鉱床キルヘンタークピーリービートクルクシェトラナガクチキムシツァボ国立公園ブロッケン山センチコガネストレーガ賞マリアツェル君が人生の時パーリターナコスタドソルヒメクロバエ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android