コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集まる アツマル

2件 の用語解説(集まるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あつま・る【集まる】

[動ラ五(四)]
多くの人や物が一つところに寄る。「友は類をもって―・る」「野鳥が―・る公園」「募金が―・る」
人々の気持ちなどが集中する。注がれる。「世間の同情が―・る」
[可能]あつまれる
[用法]あつまる・つどう――「教会に集まる(集う)信者たち」「同窓生たちは年に一度母校に集まる(集う)」などでは相通じて用いられる。◇「集う」には、「共通の意志をもった者が」の意があり、今日では多く人に限って用い、やや文章語的である。人以外では「寄付が集まる」「花に虫が集まる」のように、「集まる」が用いられる。◇類似の語に「群がる」「たかる」がある。「群がる」は「野次馬が群がる」「花に群がる蜂」のように用いて一か所に群れのように集まっているようすをいい、「たかる」は「蟻(あり)が砂糖にたかる」のように、集中的に群がっているようすをいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あつまる【集まる】

( 動五[四] )
多くの人がある場所をめざして移動し、ひとまとまりとなる。集合する。 「一〇時に体育館に-・りなさい」
同種の物などが(自然に)一か所にたまる。集中する。 「青果市場には全国から野菜が-・ってくる」 「なかなか寄付が-・らない」 「人々の視線が-・る」 「 S 候補にばかり票が-・った」 〔 (1) 「集める」に対する自動詞。 (2) 「あつまる」という動詞は人・動物・物に広く用いる。それに対して「つどう」は人に限られ、ある共通の意識をもって集合する場合に用いる。「つどう」は文章語・雅語であり、終止・連体形と名詞の「つどい」以外は現代ではあまり用いられない〕
[可能] あつまれる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

集まるの関連キーワード集める選る殺到見逸る折重なる摩る鮨詰雪崩れ込む巻起る群がる

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

集まるの関連情報