コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集まる アツマル

デジタル大辞泉の解説

あつま・る【集まる】

[動ラ五(四)]
多くの人や物が一つところに寄る。「友は類をもって―・る」「野鳥が―・る公園」「募金が―・る」
人々の気持ちなどが集中する。注がれる。「世間の同情が―・る」
[可能]あつまれる
[用法]あつまる・つどう――「教会に集まる(集う)信者たち」「同窓生たちは年に一度母校に集まる(集う)」などでは相通じて用いられる。◇「集う」には、「共通の意志をもった者が」の意があり、今日では多く人に限って用い、やや文章語的である。人以外では「寄付が集まる」「花に虫が集まる」のように、「集まる」が用いられる。◇類似の語に「群がる」「たかる」がある。「群がる」は「野次馬が群がる」「花に群がる蜂」のように用いて一か所に群れのように集まっているようすをいい、「たかる」は「蟻(あり)が砂糖にたかる」のように、集中的に群がっているようすをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あつまる【集まる】

( 動五[四] )
多くの人がある場所をめざして移動し、ひとまとまりとなる。集合する。 「一〇時に体育館に-・りなさい」
同種の物などが(自然に)一か所にたまる。集中する。 「青果市場には全国から野菜が-・ってくる」 「なかなか寄付が-・らない」 「人々の視線が-・る」 「 S 候補にばかり票が-・った」 〔 (1) 「集める」に対する自動詞。 (2) 「あつまる」という動詞は人・動物・物に広く用いる。それに対して「つどう」は人に限られ、ある共通の意識をもって集合する場合に用いる。「つどう」は文章語・雅語であり、終止・連体形と名詞の「つどい」以外は現代ではあまり用いられない〕
[可能] あつまれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

集まるの関連キーワード親は泣き寄り,他人は食い寄り淵藪・淵叢・渕薮・渕叢キックオフミーティング蟻の甘きにつくが如し目の寄る所へ玉も寄る女三人寄れば姦しい臭い物に蠅がたかる市に帰するが如し低き所に水たまる一堂に会する装いを凝らす同気相求める市に虎を放つ類は友を呼ぶ顔を揃える頭を集める群れ集う溜まり場市を成す循環物色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集まるの関連情報