コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集まる アツマル

デジタル大辞泉の解説

あつま・る【集まる】

[動ラ五(四)]
多くの人や物が一つところに寄る。「友は類をもって―・る」「野鳥が―・る公園」「募金が―・る」
人々の気持ちなどが集中する。注がれる。「世間の同情が―・る」
[可能]あつまれる
[用法]あつまる・つどう――「教会に集まる(集う)信者たち」「同窓生たちは年に一度母校に集まる(集う)」などでは相通じて用いられる。◇「集う」には、「共通の意志をもった者が」の意があり、今日では多く人に限って用い、やや文章語的である。人以外では「寄付が集まる」「花に虫が集まる」のように、「集まる」が用いられる。◇類似の語に「群がる」「たかる」がある。「群がる」は「野次馬が群がる」「花に群がる蜂」のように用いて一か所に群れのように集まっているようすをいい、「たかる」は「蟻(あり)が砂糖にたかる」のように、集中的に群がっているようすをいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あつまる【集まる】

( 動五[四] )
多くの人がある場所をめざして移動し、ひとまとまりとなる。集合する。 「一〇時に体育館に-・りなさい」
同種の物などが(自然に)一か所にたまる。集中する。 「青果市場には全国から野菜が-・ってくる」 「なかなか寄付が-・らない」 「人々の視線が-・る」 「 S 候補にばかり票が-・った」 〔 (1) 「集める」に対する自動詞。 (2) 「あつまる」という動詞は人・動物・物に広く用いる。それに対して「つどう」は人に限られ、ある共通の意識をもって集合する場合に用いる。「つどう」は文章語・雅語であり、終止・連体形と名詞の「つどい」以外は現代ではあまり用いられない〕
[可能] あつまれる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

集まるの関連情報