コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屯/党 タムラ

5件 の用語解説(屯/党の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たむら【屯/党】

たむろ1」に同じ。
「人皆―有り」〈推古紀〉

たむろ【屯】

仲間や同じ職業の人々などが寄り集まっていること。また、その集団・場所。
明治時代、特に巡査の詰めている所。駐在所。
「―へ訴えて出るがいい」〈逍遥内地雑居未来之夢〉

トン【屯/×噸/×瓲】

質量の単位。記号t。
メートル法で、1トンは1000キログラム仏トン。グラムトン。メートルトン
㋑英トン。ヤードポンド法で、1トンは2240ポンド、すなわち約1016キログラム。ロングトン。大トン。
㋒米トン。ヤードポンド法で、1トンは2000ポンド、すなわち907.18キログラム。ショートトン。
船舶の大きさを質量や容積で表す単位。排水トン数載貨重量トン数総トン数純トン数容積トン数など。
[補説]「瓲」は国字。

とん【屯】[漢字項目]

常用漢字] [音]トン(漢) [訓]たむろ
多くの人が群がり集まる。たむろする。「屯営屯所駐屯
[名のり]みつ・むら・より
[難読]屯倉(みやけ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たむろ【屯】

仲間の集まるところ。また、ある種の人人の集団。 「五人七人十人一組の大-もあれば/たけくらべ 一葉
明治時代、巡査の詰めている所。駐在所。 「 -へ訴へて出るがいい/未来の夢 逍遥
兵の群れ。軍隊。陣営。 「み-のいくさ(=三軍)に令のりごとして/日本書紀 神功訓」 → たむろする

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屯/党の関連キーワードキンタル瓩米デカメートルデシメートルピコメートルキロメートルセンチメートルミリグラムミリメートル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone