コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拭く フク

デジタル大辞泉の解説

ふ・く【拭く】

[動カ五(四)]紙や布などで物の表面をこすり、汚れや水分などを取り去ってきれいにする。ぬぐう。「ハンカチで涙を―・く」「ぞうきんで廊下を―・く」
[可能]ふける
[用法]ふく・ぬぐう――「汗をふく(ぬぐう)」「涙をふく(ぬぐう)」では、両語とも使える。◇どちらも汚れ・水気などを取り去るために布や紙などを表面に当てて動かすことだが、「窓をふく」「食器をふく」のように、隅々までこすって全体をきれいにする意では「ぬぐう」は使いづらい。◇「ぬぐう」は部分的な汚れ・水気を取り去るという意が強い。「ハンカチで口もとをぬぐう」「ガラスの汚れをぬぐう」◇右の特徴から「ぬぐう」は、汚点やよくない印象などマイナス面を取り去る意にも用いられる。「劣等感をぬぐい去る」「疑念をぬぐいきれない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふく【拭く】

( 動五[四] )
布や紙などで物の表面に付着している水分や汚れをこするようにして取り去る。ぬぐう。 「ぬれた手をタオルで-・く」 「ハンカチで額の汗を-・く」 「布巾ふきんでテーブルを-・く」
[可能] ふける

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

拭くの関連情報