コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挂冠 カイカン

5件 の用語解説(挂冠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい‐かん〔クワイクワン〕【×挂冠】

けいかん(挂冠)

けい‐かん〔‐クワン〕【×挂冠/掛冠】

[名](スル)《「挂」は掛けるの意》官職を辞めること。辞職すること。致仕(ちし)。かいかん。
[補説]後漢の逢萌(ほうぼう)が王莽(おうもう)に仕えることを潔しとせず、冠を解いて東都の城門に掛け、遼東(りょうとう)に去ったという「後漢書」逸民伝の故事から。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいかん【挂冠】

けいかん【挂冠】

( 名 ) スル
〔「後漢書逸民伝」より。漢の逢萌ほうぼうが王莽おうもうに仕えることを潔しとせず、冠をとって東都の城門に挂け、遼東へ去ったという故事から〕
官を辞すること。掛冠。かいかん。致仕ちし。 「次年元日の詩に和して、其引に侯の-の事を追記した/伊沢蘭軒 鷗外

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

挂冠
けいかん

冠を脱いで柱などに掛けること。転じて、官職にある者がその職を辞することをいう。「挂」は掛けることで、「かいかん」ともいい、「掛冠」とも書く。中国、後漢(ごかん)の逢萌(ほうぼう)が、巧妙な術策によって政権を掌握し、ついには天子の位についた王莽(おうもう)に仕えることを、わが子を殺されたこともあって潔しとせず、その役職を表す冠を都洛陽(らくよう)の城門に掛けて遼東(りょうとう)に去ったという『後漢書(ごかんじょ)』「逸民伝・逢萌」の故事にちなむ。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone