コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挂冠 カイカン

5件 の用語解説(挂冠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい‐かん〔クワイクワン〕【×挂冠】

けいかん(挂冠)

けい‐かん〔‐クワン〕【×挂冠/掛冠】

[名](スル)《「挂」は掛けるの意》官職を辞めること。辞職すること。致仕(ちし)。かいかん。
[補説]後漢の逢萌(ほうぼう)が王莽(おうもう)に仕えることを潔しとせず、冠を解いて東都の城門に掛け、遼東(りょうとう)に去ったという「後漢書」逸民伝の故事から。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいかん【挂冠】

けいかん【挂冠】

( 名 ) スル
〔「後漢書逸民伝」より。漢の逢萌ほうぼうが王莽おうもうに仕えることを潔しとせず、冠をとって東都の城門に挂け、遼東へ去ったという故事から〕
官を辞すること。掛冠。かいかん。致仕ちし。 「次年元日の詩に和して、其引に侯の-の事を追記した/伊沢蘭軒 鷗外

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

挂冠
けいかん

冠を脱いで柱などに掛けること。転じて、官職にある者がその職を辞することをいう。「挂」は掛けることで、「かいかん」ともいい、「掛冠」とも書く。中国、後漢(ごかん)の逢萌(ほうぼう)が、巧妙な術策によって政権を掌握し、ついには天子の位についた王莽(おうもう)に仕えることを、わが子を殺されたこともあって潔しとせず、その役職を表す冠を都洛陽(らくよう)の城門に掛けて遼東(りょうとう)に去ったという『後漢書(ごかんじょ)』「逸民伝・逢萌」の故事にちなむ。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

挂冠の関連キーワード圧力を掛ける御目に掛ける肉南蛮廃官見掛ける挂灯立掛ける突掛ける飲掛ける持掛ける

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone