コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水晶時計 すいしょうどけいquartz chronometer

6件 の用語解説(水晶時計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水晶時計
すいしょうどけい
quartz chronometer

水晶発振器を利用した時計。水晶発振器の安定な周波数を分周回路で下げて時刻信号とし,これで同期電動機を回して針を動かしたり,または計数回路で計数して表示装置に示して時刻を表わす。水晶振動子を恒温槽に入れるなど,特に安定化をはかったものは非常に高精度 ( 10-11 程度) で,標準時計として使用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すいしょう‐どけい〔スイシヤウ‐〕【水晶時計】

水晶発振器の安定した周波数を利用した時計。誤差がきわめて少なく、かつては天文台の標準時計や放送局の時報に利用。簡単なものはクオーツ時計として腕時計に利用される。電子時計

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

水晶時計【すいしょうどけい】

クォーツ時計ともいう。きわめて正確な一定周波数の電気振動を発生させる水晶発振器で運行を制御し,原子時計に次ぐ精度をもつ。時刻表示方式にはアナログ式,デジタル式,複合式がある。
→関連項目置時計音叉時計掛時計機械時計クォーツ時計振子時計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいしょうどけい【水晶時計 quartz clock(watch)】

クォーツ時計ともいう。きわめて正確な一定周波数の電気振動を発生させる水晶発振器で運行を制御する時計。原子時計に次ぐ精度をもち,腕時計の普及品で月差15秒以内,最高級品では年差数秒である。時刻表示方式はアナログ式とディジタル式の2種類に大別されるが,その両方を複合した時計もある。主要な部分がすべて電子化されたディジタル時計では,ストップウォッチアラームカレンダー,さらにはゲームなどの付加機能をもつものも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すいしょうどけい【水晶時計】

水晶発振器によって運行を制御する精密な時計。クオーツ時計。電子時計。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水晶時計
すいしょうどけい

水晶の弾性振動圧電効果を利用した振動子を時間標準に使用している時計。クォーツ時計ともいう。無線通信の発達過程で安定した周波数(振動数)を得るため水晶発振器、水晶振動子の研究が行われたが、1927年アメリカのマリソンWarren A. Marisonはこの水晶発振器を利用した時計を発明した。一方、1933年(昭和8)古賀逸策(いっさく)の、Rカットとよばれる振動数が温度変化に事実上影響されない振動子の発見は、安定した振動源として水晶発振器の地位確立に大きく貢献した。その後、トランジスタ、集積回路の発明などエレクトロニクスの急速な進歩によって小型化、低電力化され、1969年末にはついに水晶腕時計が市場に現れた。水晶時計は、今日では標準時計の地位をしだいに原子時計に奪われてはいるものの、高精度が容易に得られ、量産に適していることから、短期間のうちに時計製品の大半を占めるに至った。高精度のものは1日の誤差が0.001秒程度から、一般市販品は1日0.01~1秒の精度である。
 水晶時計の構造中、重要なものに水晶発振部がある。これは振動子に電圧を加え、弾性振動をおこさせ、その固有振動数の振動電圧を取り出すと同時に、その一部を増幅して振動子に戻し、その振動を継続させる働きをもつ装置である。水晶振動子は、水晶の結晶軸からの切出し方、形状、寸法によって振動数、温度特性が決まる。時計に使用されている振動数範囲は8キロヘルツ~8メガヘルツであり、これらはそのままでは利用できないので分周回路によって電子的に必要な振動数まで逓降(ていこう)する。駆動回路はこれらを波形整形、電力増幅し、電気エネルギーを機械的な運動に変える変換部の同期モーターに送る。モーターの回転は歯車によって時針、分針に伝えられる。全電子時計とよばれる、表示部に液晶または発光ダイオードを用いた時計では、分周回路と協同して、秒・分・時などの信号を得るカウンター回路、信号を解読してわかりやすい、たとえば数字の形とするデコーダー回路、およびセグメントに電圧を加えたり切ったりするドライバー回路によって時刻の表示が行われる。[元持邦之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の水晶時計の言及

【時計】より

… 日本の近代的時計製造は明治10年前後に端を発し,長い間アメリカ製・スイス製時計の模倣時代が続くが,第2次大戦後急速に進展して独自の製品を開発し,品質,数量とも時計王国といわれたスイスを上回るまでに成長した。ことに水晶時計では69年にアナログ式腕時計が発売されて以来世界の時計産業をリードし続けている。 なお,機械時計の歴史上もっとも有名な時計師はパリに工房をもったブレゲーAbraham Louis Bréguet(1747‐1823)である。…

※「水晶時計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水晶時計の関連情報