コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋たか子 タカハシタカコ

3件 の用語解説(高橋たか子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たかはし‐たかこ【高橋たか子】

[1932~2013]小説家。京都の生まれ。本名、和子(たかこ)。夫は作家高橋和巳(かずみ)。夫の死後、本格的に小説を書き始める。昭和50年(1975)洗礼を受け、カトリック作家に転じた。「怒りの子」で読売文学賞、「きれいな人」で毎日芸術賞受賞。他に「空の果てまで」「誘惑者」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋たか子 たかはし-たかこ

1932-2013 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和7年3月2日生まれ。昭和29年高橋和巳(かずみ)と結婚。46年夫の死後本格的に執筆を開始。人間心理の深層を凝視する作品をかきつぎ,47年「空の果てまで」で田村俊子賞,51年「誘惑者」で泉鏡花文学賞,61年「怒りの子」で読売文学賞など受賞多数。50年カトリックに入信。ついでフランスで観想修道生活をおくり,のち帰国。平成16年「きれいな人」で毎日芸術賞。平成25年7月12日死去。81歳。京都府出身。京大卒。本名は和子(たかこ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高橋たか子
たかはしたかこ
(1932―2013)

小説家。京都市生まれ。本名和子(たかこ)。京都大学仏文科卒業、同大学院修士課程修了。1954年(昭和29)小説家高橋和巳(かずみ)と結婚。『白描』同人となり、のちに短編集『骨の城』(1972)に収録される幻想的な初期作品群によって注目された。京都から鎌倉に移住し、第一創作集『彼方(かなた)の水音(みずおと)』(1971)所収の短編を発表。1971年夫を失ったが、創作意欲は高まり、短編集『双面(ふたおもて)』(1972)、『共生空間』(1973)、長編『空の果てまで』(1974。田村俊子(としこ)賞受賞)、『没落風景』(1974)、『誘惑者』(1976。泉鏡花(きょうか)賞受賞)、『ロンリー・ウーマン』(1977。女流文学賞受賞)などで女性心理の悪意と魔性をえぐり出した。早くにモーリヤックなどの翻訳があり、1975年8月のカトリック受洗後は、『天の湖』(1977)、『荒野』(1980)、『装いせよ、わが魂よ』(1982)、『怒りの子』(1985。読売文学賞受賞)など、神と人間のかかわりを凝視するカトリック作家に転身、1980年パリを拠点として修道生活に入り、10年ののち還俗(げんぞく)し、1990年以降は、『土地の力』(1992)、『亡命者』(1995)、『神の海――マルグリット・マリ伝記』(1998)など、信仰者の内面を描いた。[橋詰静子]
『『筑摩現代文学大系97 高橋たか子他集』(1978・筑摩書房) ▽高橋たか子著『高橋和巳の思い出』(1977・構想社) ▽小松左京編『高橋和巳の青春とその時代』(1980・構想社) ▽『高橋たか子自選小説集』全4巻(1994・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高橋たか子の関連キーワード江口週天田昭次小野木朝子木戸蓊佐野ぬい長門勇服部ケイ山田信夫(2)吉永祐介脇村春夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高橋たか子の関連情報