コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挹婁 ユウロウ

大辞林 第三版の解説

ゆうろう【挹婁】

中国、漢・魏時代に東北地方東部・沿海州にいた種族。三世紀前半、夫余の支配を脱して一時勢力を強めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ゆうろう

沿海州(現沿海地方)から黒竜江(アムール川)下流または松花江(しょうかこう)流域にかけて居住した古代民族。初め夫余(ふよ)の支配を受けていたが、3世紀の前半に独立し、周囲の諸民族と争った。高句麗(こうくり)や夫余などと違った言語を用い、毒矢を使い、また穴居して厠(かわや)を住居の中央に置きそれを洗浄用に使用するなど、独特の習俗をもっていた。このような習俗の特異性から、旧アジア系の種族と考える人もいるが、エベンキ(ツングース)とする説もある。[護 雅夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

挹婁の関連キーワードエベンキ習俗沃沮種族粛慎夫余

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android