コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捌き(読み)さばき

大辞林 第三版の解説

さばき【捌き】

〔動詞「捌く」の連用形から〕
うまく取り扱うこと。 「手綱の-が巧みだ」 「包丁-」
物事を処理すること。 「万事ひとりの-にて/浮世草子・風流曲三味線」
歌舞伎の鬘かつらの一。髷まげの元結が切れて、髪が乱れたさまを表したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の捌きの言及

【歌舞伎】より

…素網・四天(よてん)の衣裳で,〈遠寄せ〉の鳴物で駆け出て勇壮な動きで物語り,再び駆けて去る。 捌き(さばき)鬘(かつら)の名称。元結が切れて散らし髪となったさまの鬘。…

※「捌き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

捌きの関連情報