コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捕(ら)える/捉える トラエル

デジタル大辞泉の解説

とら・える〔とらへる〕【捕(ら)える/捉える】

[動ア下一][文]とら・ふ[ハ下二]

㋐生き物をつかまえる。捕獲する。「珍獣を―・える」「魚を―・える」
㋑逃げる人をとりおさえる。「犯人を―・える」
離すまいと手でしっかりつかむ。「逃げる男の腕を―・える」

㋐ある物事を確実に自分のものとする。手に入れる。「チャンスを―・える」
㋑物事の本質・内容などを理解して自分のものとする。把握する。「意味を的確に―・える」「特徴をうまく―・える」
感覚にはっきりと感じとる。「微妙な音の差を―・える」「レーダーが機影を―・える」
ある部分を特にとりたてて問題とする。それにこだわる。「言葉じりを―・える」
(「心をとらえる」「人をとらえる」などの形で)強く関心を引く。自分に引きつけて影響を与える。「若者の心を―・える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

捕(ら)える/捉えるの関連キーワードフクロユキノシタ(袋雪の下)ミカロワロワチ・ア・ガナムヒラタアシナガコップガヤハエトリソウ(蠅取草)コウシンソウ(庚申草)モウセンゴケ(毛氈苔)イオウイロハシリグモマレーアラコウモリウヅキコモリグモウオクイコウモリドウガネブイブイプロクルステスハネウミヒドラガマグチヨタカオナガコウモリハエトリグモボブキャットネコハエトリ水中聴音機ユキヒョウ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android