コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排尿困難・残尿感 はいにょうこんなんざんにょうかん

1件 の用語解説(排尿困難・残尿感の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

はいにょうこんなんざんにょうかん【排尿困難・残尿感】

《どんな病気か?》
 尿意はあるのに、尿がでにくかったり、残尿感(ざんにょうかん)があるという症状は、中年以降の男性やお年寄りに多くみられます。また、かぜなどの病気で高熱がでて、大量の汗をかいたり、下痢(げり)をするなどで、体の水分が失われたときには、尿がでにくくなることもあります。
 こうした場合は、水やお茶などの飲みものをいつもより多めに飲んだり、利尿(りにょう)作用のある食品を食べたりして、ようすをみましょう。
 しかし、ほかに倦怠感(けんたいかん)やむくみ、血尿(けつにょう)などの症状があるときは、前立腺(ぜんりつせん)(「前立腺肥大・前立腺炎」参照)や腎臓(じんぞう)、膀胱(ぼうこう)などの病気が疑われますから、医師の診察を受けてください。
《関連する食品》
〈体内のカリウムが不足すると、尿がでにくくなることも〉
○栄養成分としての働きから
 利尿作用のあるカリウムが効果があります。
 逆に、カリウムが不足すると、尿がでにくくなることがあります。
 カリウムは、スイカトマトからとることができます。とくに水分の多いスイカは、利尿作用を高め、有効です。
○漢方的な働きから
 漢方では、トウガンに利尿作用があるとされています。トウガンは成分の98%が水分で、このたっぷり含まれた水分が、尿の量をふやし、尿をでやすくするからでしょう。そのほか赤アズキ、コイにも利尿作用があるといわれています。
○注意すべきこと
 尿がでないときは、せんべい、モチ、おこわなど、モチ米からつくられた食品やギンナンは食べないほうが無難です。
 これらは、昔から尿がですぎる頻尿(ひんにょう)に効くとされる食品です。
 よけいに尿がでにくくなってしまうかもしれません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

排尿困難・残尿感の関連キーワードどんな何心地何なり尿意不死身プリマドンナペンナイフ病は気から丸鉋尿意頻数

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone