コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排気タービン はいきタービンexhaust turbine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

排気タービン
はいきタービン
exhaust turbine

内燃機関の排気を利用して作動するガスタービンや,蒸気機関や工場などから排出される低圧蒸気を利用して動力を発生させる蒸気タービンをいう。前者では,機関排気管に排気タービンを取付け,この動力により吸気管に取付けられた圧縮機を駆動し機関に加圧空気の過給を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はいきタービン【排気タービン exhaust gas turbine】

内燃機関の排気ガスのもつエネルギーによって駆動されるタービン。ガスタービンの1種である。ふつう,遠心式圧縮機を駆動して過給空気を作るのに利用される。この場合,一般には排気タービンと圧縮機とがユニットとしてまとめられており,この装置をとくに排気ターボ過給機exhaust turbocharger,あるいはターボチャージャーと呼ぶ。排気ターボ過給の適用によって,ディーゼルエンジンでは100%以上の出力増大と10%以上の燃料消費低減が達成されているが,ガソリンエンジンなどの火花点火機関では,ノッキングのため高度の過給はレース用機関に限られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はいきタービン【排気タービン】

内燃機関の排気ガスを利用するタービン。 → ターボチャージャー

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の排気タービンの言及

【ガスタービン】より

… 以上のような軸出力として動力を取り出すもの以外にも,ガスタービンには,タービンは圧縮機のみを駆動し,ガスのもっている残りのエネルギーはジェットノズルで膨張させて高速のジェットとして後方に噴出し,その反動で推力を得る,いわゆるジェットエンジンもある。また,原動機そのものとしてではなく,内燃機関と組み合わせ,内燃機関の排気ガスでタービンを回し,その動力で圧縮機を駆動して機関給気の加圧用に使用する過給用の排気タービンや,単にガス発生器として使用し,そのガスでタービンを回して動力を取り出すフリーピストンガスタービンもガスタービンの一種である。
[ガスタービンの特徴]
 ガスタービンは定圧のもとで燃料を連続的に燃焼させ,燃焼ガスで直接タービンを回すので運動部分を回転運動のみで構成できる。…

※「排気タービン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

排気タービンの関連キーワードC.E.A. ラトー一〇〇式司令部偵察機ボーイングBターボチャージャ内燃機関稲葉興作ラトー熱効率

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android