掻巻(読み)かいまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掻巻
かいまき

掛けぶとんの下に掛ける厚い綿入れ長着に似た防寒用夜着の一種。衣服としての丹前どてらと,寝具としてのふとんの中間型にあたり,小型で膝までのものはねんねこ半纒 (ばんてん) と呼ばれた。肩をむ形になるので防寒に適したが,第2次世界大戦後は毛布の普及により,需要が減った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

掻巻【かいまき】

着物の形をした広袖(そで)つきの寝具の一つ。からだに〈かき巻く〉意。夜着より小ぶりで綿も少なく,袖付の下に三角形(まち)の燧布(ひうちぬの)がない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐まき【掻巻】

〘名〙 (「かい」は「かき」の変化した語) 綿を薄く入れた小さい夜着(よぎ)。《季・冬》
※御湯殿上日記‐天正一六年(1588)五月五日「かいまきの御ふくまいる」
※滑稽本・東海道中膝栗毛‐発端(1814)「戸だなよりやぶれぶとんにかいまきなどとりいだす所に、おもての戸をトントントン」

かい‐ま・く【掻巻】

〘他カ四〙 (「かい」は接頭語) まわりを布や縄などで巻く。
※米沢本沙石集(1283)八「あさましと思ひてかいまきて濡れたる方を上にしてもちて参りぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる