コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掻巻 かいまき

2件 の用語解説(掻巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掻巻
かいまき

掛けぶとんの下に掛ける厚い綿入れ長着に似た防寒用夜着の一種。衣服としての丹前どてらと,寝具としてのふとんの中間型にあたり,小型で膝までのものはねんねこ半纒 (ばんてん) と呼ばれた。肩を包む形になるので防寒に適したが,第2次世界大戦後は毛布の普及により,需要が減った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

掻巻【かいまき】

着物の形をした広袖(そで)つきの寝具の一つ。からだに〈かき巻く〉意。夜着より小ぶりで綿も少なく,袖付の下に三角形の襠(まち)の燧布(ひうちぬの)がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

掻巻の関連キーワード御目に掛ける掛け袱紗掛け布団・掛布団毛布団稲掛掻い巻掛布団死に掛けるペテンに掛ける耳に掛ける

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

掻巻の関連情報