コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摺り鉦 すりがね

3件 の用語解説(摺り鉦の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

摺り鉦【すりがね】

日本伝統音楽打楽器。当り鉦,ヨスケ,チャンギリなどとも。直径12〜20cm前後の金属の皿(さら)形のもので,右手に持った小さな槌(つち)形の桴(ばち)でその内側を摺ったり打ったりする。
→関連項目鉦鼓

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すりがね【摺り鉦】

日本の打楽器。当り鉦とも,単に鉦(かね)ともいう。金属製の皿のような形で直径15~30cm,左手に持ち,右手の細い桴(ばち)で打つ。民俗芸能歌舞伎の囃子で用いられる。奏法は手のひらでつかみ内側を細かく摺るようにして打つ〈摺り鉦〉または〈つかみ鉦〉と,取っ手をつけて下げて縁を打つ〈当り鉦〉または〈下げ鉦〉とがある。音をあらわす〈チャンチキ〉という通称もある。また〈よすけ〉と呼ばれる小型の摺り鉦もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摺り鉦
すりがね

かね」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の摺り鉦の言及

【鐘∥鉦】より

…桴(ばち)には鹿の角の頭がついた〈角撞木(つのしゆもく)〉などがある。鉦の縁に紐をつけて左手で下げ,右手の桴で打つのを当り鉦,下げ鉦とよび,手のひらに持って凹面の中を横に摺って打つのを摺り鉦,つかみ鉦とよぶ。例をいくつか挙げると,長野県佐久市大字跡部に伝わる〈跡部の踊念仏〉では踊手が胸に鉦をつけて鳴らし,〈南無阿弥陀仏〉の6字をうたう。…

※「摺り鉦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

摺り鉦の関連キーワード当り鉦楽器銅鈸当たり鉦・当り鉦三鼓摺鉦土鼓鳴物クリンタン吹打

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

摺り鉦の関連情報