コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

操三番 アヤツリサンバ

3件 の用語解説(操三番の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あやつりさんば【操三番】

歌舞伎舞踊長唄。本名題「柳糸引御摂(やなぎのいとひくやごひいき)」。嘉永6年(1853)江戸河原崎座で初演。翁(おきな)・千歳(せんざい)ぜんまい人形、三番叟(さんばそう)を糸操りの所作で演じたが、のち、翁と千歳は普通の所作になった。操三番叟

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あやつりさんば【操三番】

歌舞伎舞踊の一。長唄。本名題「柳糸引御摂やなぎのいとひくやごひいき」。篠田瑳助しのださすけ作詞。五世杵屋きねや弥十郎作曲。1853年江戸河原崎座初演。三番叟さんばそうを糸操りの人形に、翁おきなと千歳せんざいをぜんまい人形に模して踊るもの。三番叟は後見に操られて踊る。のちに翁と千歳は普通の踊りに直された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

操三番
あやつりさんば

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。「操三番叟(あやつりさんばそう)」の略で、本名題『柳糸引御摂(やなぎのいとひくやごひいき)』。1853年(嘉永6)2月江戸・河原崎座で2世嵐璃(あらしりかく)が初演。前年8月大坂・筑後(ちくご)芝居で演じたものを篠田瑳助(さすけ)が補綴(ほてい)、曲は4世杵屋(きねや)弥十郎と坂東定次郎の合作による。糸操(いとあやつ)りにかたどって三番叟を踊るもので、総じて人形を模した動きが特色。人形遣いの役が主役の三番叟を動かす形を演じ、糸が絡んだり切れたりするさまを見せる。初演のときは翁(おきな)、千歳(せんざい)をぜんまい人形の振りで演じたが、明治中期以降は人間として演じ、近年ではこの二役を略すことも多い。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

操三番の関連キーワード二人椀久安宅松歌舞伎狂言素襖落名題下本名題奴道成寺高尾懺悔操三番叟篠田瑳助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone