補綴(読み)ほてい

精選版 日本国語大辞典「補綴」の解説

ほ‐てい【補綴】

〘名〙
① おぎなってつづり合わせること。破れた所などを縫うこと。また、不足をおぎなって足すこと。ほてち。ほてつ。
※宝生院文書‐永延二年(988)一一月八日・尾張国郡司百姓等解「因之六年六夏之間、持鉢底空、三宝三衣之資、永絶」 〔礼記‐内則〕
古人・先人の字句などをつづり合わせて、詩文を作ること。ほてつ。〔顧況‐右拾遺朱君集序〕

ほ‐てつ【補綴】

〘名〙
※江戸繁昌記(1832‐36)初「洗染補綴、点化巧みに製す」
欠損部を、義歯で補ったり、金属冠をかぶせて機能を保たせること。
澪標(1960)〈外村繁〉「漸く義歯を入れることになる。補綴科へ廻る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「補綴」の解説

ほ‐てい【補×綴】

[名](スル)
破れなどを繕いつづること。転じて手を加えて不足などを補い、よくすること。ほてつ。「論文を補綴する」
古人・先人などの字句をつづり合わせて詩文を作ること。ほてつ。
[類語]充てる充当する充塡する当てはめる引き当てる補給塡補穴埋め拾遺補う追加付加補足補充カバー加味補塡補完相補補訂増補補遺

ほ‐てつ【補×綴】

[名](スル)
ほてい(補綴)
歯の欠損を義歯・金属冠などで補い、機能を修復すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「補綴」の解説

【補綴】ほてい

補い綴る。〔後漢書、儒林伝上〕昔王の際、~典す。光武の中興するにんで、經を愛好し、未だ車を下るにばずして、先づ儒を訪ひ、闕求し、を補綴す。

字通「補」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android