コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬階奏 ぎかいのそう

世界大百科事典 第2版の解説

ぎかいのそう【擬階奏】

令制下級官人の位階授与の手続の一つ。毎年4月7日を式日とする。諸司官人の六位以下に叙すべき者は,1年間(8月1日より翌年7月末日まで)の勤務成績を考査し,その翌年2月11日の列見(れつけん)を経て,成選人(叙位の資格を認められた人)の位階を擬定し,4月7日,そのうちの内八位以上(五位以上の勅授,外八位以下の判授に対し,奏授という)の名簿を奏上する。これを擬階奏という。平安時代の儀式書によると,当日大臣が公卿を率いて紫宸殿に参上し,あらかじめ式部・兵部2省から太政官に提出された擬階簿により勘造した擬階の奏文を天皇に奏上し,ついで式部・兵部2省がそれぞれ列見の際の成選短冊(たんざく)を奏覧する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android