コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

列見 れっけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

列見
れっけん

「れけん」ともいう。奈良~平安時代,毎年2月 11日宮廷で六位以下の下級官人中,昇進候補者を太政官において実見し選抜に資することをさした。一般的には祭使の行列の査閲などをもこう呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れっけん【列見】

〈れけん〉ともいう。日本古代の令制下級官人の位階授与の手続の一つ。毎年2月11日を式日とする。令制諸司官人の六位以下に叙すべきものは,それぞれ本司において1年間(8月1日より翌年7月末日まで)の勤務成績を考査し,式部省または兵部省に考文を提出する。式・兵二省は諸司の考文を検査して叙位すべきものを選定し,2月11日,その主典以上の成選人を太政官に召集して,大臣以下公卿が見閲する。これを列見という。《儀式》《延喜式》の制によると,当日弁官の南門内に座を設け,式・兵二省の輔が成選人を率いて参入する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れっけん【列見】

奈良・平安時代、毎年2月11日に行われた年中行事。式部・兵部両省で、六位以下の下級官人の勤務状況を調べ、昇進させるべき者を、太政官において、大臣もしくは式部・兵部卿が閲見したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の列見の言及

【列見】より

…式・兵二省は諸司の考文を検査して叙位すべきものを選定し,2月11日,その主典以上の成選人を太政官に召集して,大臣以下公卿が見閲する。これを列見という。《儀式》《延喜式》の制によると,当日弁官の南門内に座を設け,式・兵二省の輔が成選人を率いて参入する。…

※「列見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android