コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擲弾筒 テキダントウ

デジタル大辞泉の解説

てきだん‐とう【×擲弾筒】

擲弾を発射する携帯用の小型火器。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てきだんとう【擲弾筒】

擲弾の発射に用いる筒。通常、一人で携行し、操作する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

擲弾筒
てきだんとう

迫撃砲より威力の小さい榴弾(りゅうだん)または手榴弾を発射する簡単な歩兵用携帯火器。放物線の曲射弾道をもつので、建物の陰、塹壕(ざんごう)の中からでも発射できた旧日本陸軍独特の小型火器である。口径50ミリ。左手で筒を地表に対して45度の角度に保ちながら目標の方向に向け、右手で弾丸を筒口から込め引き金を引いて発射する。射距離は目測で判定し、筒底部の転輪を回して発射ガス漏孔(ろうこう)の大きさを加減(十年式)、または筒底薬室の容積を変更(八九式)して射程を調整する。最大射程は650メートル。弾丸は砲弾を小型にした形で薬莢(やっきょう)はなく、弾体内に炸薬(さくやく)と装薬が詰められ、頭部に信管がある。弾底部の雷管の周囲に小穴があり、装薬ガスによって発射される。装薬室を組み合わせた十年式および九一式手榴弾も発射できた。[小橋良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

擲弾筒の関連キーワード愛三工業投擲兵器信号弾化学弾歩兵装薬擲弾

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android