玉川温泉(読み)たまがわおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)「玉川温泉」の解説

玉川温泉
たまがわおんせん

秋田県中東部、仙北市(せんぼくし)田沢湖地区にある温泉。国民保養温泉地八幡平温泉郷(はちまんたいおんせんきょう)の一つ。玉川の源流渋黒沢(しぶくろさわ)に沿う。泉質は強酸性硫黄(いおう)泉で、98℃の熱湯を毎分9000リットル湧出(ゆうしゅつ)し、一か所の湧出量としては全国一である。放射性ラジウムを含有する北投石(ほくとうせき)があり、特別天然記念物に指定されている。八幡平と田沢湖の中間に位置しており、国道341号が通じる。旅館は1軒で旅館部と自炊部からなり、江戸時代からの湯治場の雰囲気を残す。冬は積雪が4メートルに及び、休業していたが、1992年(平成4)から雪上車が運行し、冬期営業が行われるようになった。付近には自然研究路がある。1998年、1キロメートル南に新玉川温泉が開設された。

[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「玉川温泉」の解説

玉川温泉
たまがわおんせん

秋田県北東部,仙北市焼山西斜面にある温泉。泉質は鉄泉,硫黄泉。泉温は 98℃。湯量は毎分 9000lといわれ,湯の華採集にも利用される。国民保養温泉地に指定されている。県内や東北各県からの長期滞在湯治客で盛況を呈する。泉源の地獄地帯に国の特別天然記念物北投石がある。 1968年に田沢湖方面を結ぶ道路開通八幡平観光ルートの拠点として観光客が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「玉川温泉」の解説

たまがわ‐おんせん たまがはヲンセン【玉川温泉】

秋田県中東部、田沢湖町にある温泉。焼山西側のふもと、玉川の上流に位置。泉質は含硫化水素酸性明礬泉(みょうばんせん)。ラジウム放射能を含む北投石(特別天然記念物)を産出。鹿湯。渋黒温泉。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android