コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放送網 ホウソウモウ

世界大百科事典 第2版の解説

ほうそうもう【放送網 broadcasting network】

多数の放送局が,番組の交流,中継回線の接続などをとおして,有機的な連携のもとに運用される組織をいう。放送網(ネットワーク)には,国情,地域社会,経済的条件,資本系列,各放送局の番組制作能力,あるいは電波伝播特性を中心とした技術的条件,などによって決まるさまざまの形態がある。放送網を構成することにより,番組制作費ほか経費の削減,放送番組の向上などが図られる。 日本では公共放送としての日本放送協会(NHK)が日本全国において受信できるように,中波ラジオ放送の第1と第2,テレビ放送の総合と教育,超短波(FM)放送および衛星放送第1と第2,の7系統からなる広大な放送網を運用している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

放送網の関連キーワードseamless service日本テレビホールディングスA.B. ウイルダウスキーSHIBUYAラインネットワークキーステーション読売日本交響楽団ユーロビジョン札幌テレビ放送ネットワーカー氏家 斉一郎バケモノの子ダムロッシュ小林 与三次永田 雅一正力松太郎小林与三次氏家斉一郎丹波 秀伯Hulu

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放送網の関連情報