国民精神総動員運動(読み)こくみんせいしんそうどういんうんどう

  • こくみんせいしんそうどういんうんどう ‥セイシンソウドウヰン‥
  • こくみんせいしんそうどういんうんどう〔コクミンセイシンソウドウヰン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日中戦争の拡大に伴って,国民に戦時意識を徹底させ戦争に協力させるために起こされた,国民的規模の精神運動。 1937年,第1次近衛文麿内閣によって提唱され,1938年には帝国在郷軍人会,全国神職会,全国市長会,日本労働組合会議など多くの団体が参加,内閣外郭団体として国民精神総動員中央連盟が結成された。初めは精神運動が中心であったが,しだいに貯蓄奨励,国債応募,国防献金奨励,物資節約などの物的運動が加わった。 1939年には総理大臣のもとに国民総動員委員会,道府県には主務課が設けられた。さらに 1940年,首相会長とする国民精神総動員本部が設けられ,中央連盟を吸収した。そして同年 10月,大政翼賛会が生まれ,本部を吸収するにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

近衛文麿内閣による戦争協力の思想教化運動。1937年挙国一致,尽忠報国,堅忍持久を3目標に,中央連盟(全国市長会,在郷軍人会など74団体)を組織,運動の初期は精神教育だったが献金,献品,国債応募など物的協力に転換。運動の実践網とするために町内会,部落会,隣組なども整備された。しかし,国民の自発性喚起に失敗,1940年10月大政翼賛会の運動に引き継がれた。
→関連項目満蒙開拓青少年義勇軍

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

日中戦争の開始直後の1937年8月から国民の戦意高揚をはかり,とりわけ経済戦への協力を強化するために政府が先頭に立ってすすめられた運動。略称精動。第1次近衛文麿内閣は成立直後に準戦時体制に対応する国民教化運動を政府総がかりで行う方針を決めたが,まもなく日中戦争が勃発・拡大したため,〈挙国一致・尽忠報国・堅忍持久〉をスローガンに国民精神総動員運動を発足させた。政府では情報委員会・内務省文部省が中心となり,中央の外郭団体として国民精神総動員中央連盟(会長有馬良橘海軍大将)が広く町村長会,在郷軍人会,婦人団体,青少年団,産業団体等を加盟させて組織された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

日中戦争開始後、第一次近衛内閣により行われた国民を戦争に協力させるための運動。1937年(昭和12)挙国一致・尽忠報国・堅忍持久を目標に国民精神総動員中央連盟・大政翼賛会などが推進。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日中全面戦争の開始に伴って始められた、国民の戦争協力を促す官製国民運動。「精動」と略されることもある。1937年(昭和12)8月第一次近衛文麿(このえふみまろ)内閣は「国民精神総動員実施要綱」を閣議決定し、同年10月「挙国一致、尽忠(じんちゅう)報国、堅忍(けんにん)持久」のスローガンのもとに国民精神総動員中央連盟(会長有馬良橘(ありまりょうきょう)海軍大将)を創設した。中央連盟には民間諸団体が参加し、道府県次元の地方実行委員会には地方名望家層が参加したが、市町村次元の独自組織はなく、底辺では行政機関に依存して運動が行われた。当初は精神運動の性格が強かったが、やがて長期戦下の経済国策への協力を中心とするようになり、貯蓄増加や国債消化の奨励、金属回収などがしだいに強力に実施されていった。39年3月には文部大臣を委員長とする国民精神総動員中央委員会が設置され、同年8月には興亜奉公日(同年9月1日より毎月1日)が設定され、40年4月には従来の組織を解消して国民精神総動員本部がつくられるが、同本部も同年10月には大政翼賛会に吸収された。
 抽象的な徳目を並べて物資と労力の面で国民動員を図ったこの運動は、国民の日常生活面での戦争協力体制を築き上げた反面、国民の自発性を引き出すことが困難であるという矛盾を抱えていた。[赤澤史朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

日中戦争勃発後、第一次近衛内閣によって始められた国家総動員体制確立への国民運動。昭和一二年(一九三七)、挙国一致、尽忠報国、堅忍持久のスローガンを掲げて国民精神総動員中央連盟が結成されたが、次第に物的協力運動にかわり、やがて大政翼賛会に引き継がれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1937(昭和12)年,第1次近衛文麿内閣によって行われた,日中戦争の進行に伴う戦争協力のための思想統制運動(〜'40)
挙国一致・尽忠報国・堅忍持久の3目標を中心に始められたが,しだいに精神運動から,献金・献品・貯蓄奨励・消費節約などの国民の生活様式の統制にかわった。国家総動員体制の第一歩をなし,のち大政翼賛会を中心とする新体制運動に吸収された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android