コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教育運動 きょういくうんどう

2件 の用語解説(教育運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教育運動
きょういくうんどう

教育に関する一定の思想や主張,実践を教員や社会に普及する組織的活動。たとえば 17~18世紀ヨーロッパ慈善学校運動,19世紀後半のヨーロッパやアメリカにおける公立学校設立運動,大学拡張運動フレーベル派の幼児教育の運動,第1次世界大戦後世界的に展開された新教育運動教育方法面でペスタロッチ主義のオスウィーゴ運動やヘルバルト派の教授学説の宣伝,1930年代のアメリカ,ドイツ教育課程改造運動などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教育運動
きょういくうんどう

国家の教育政策教育行政から離れ、あるいは対抗して社会的に組織される教育についての主張や行動の総称。個人や団体が特定の教育的目標を実現するためにつくりだす運動であるから、内容的にも形態的にも多様である。現代では公権力の組織する国民教育の果たす役割が大きいので、これにかかわる事柄の修正や改革を求める運動を意味する場合が多い。運動の中心に教師が位置することも多く、教育労働運動と重なる局面もみられる。たとえばアメリカの進歩主義教育運動や、日本の大正期の新教育運動生活綴方(つづりかた)運動、あるいは第二次世界大戦後の高校全入運動などがある。しかし教育運動はこれにとどまるわけではない。国民教育とは相対的に無関係に組織される自己教育運動、たとえば労働者・農民教育運動(労働学校、農民学校)、地域教育運動(郷土教育運動、識字教育運動、文化・啓蒙(けいもう)運動)、さらには青少年や婦人の自主的な各種学習運動も当然この概念に含まれる。[尾崎ムゲン]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教育運動の関連キーワード上越教育大学兵庫教育大学教育大学唱道文教関東甲信越英語教育学会教育に関する自民党の公約《教育に関する考察》教育に関する戦時非常措置方策教育ニ関スル勅語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

教育運動の関連情報