コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散ける/粗ける アラケル

デジタル大辞泉の解説

あら・ける【散ける/粗ける】

[動カ下一][文]あら・く[カ下二]
間を離す。ちらばらせる。特に、火や灰などをかき広げる。
「ぷすぷすけぶる雑木を大火箸で―・け」〈藤村千曲川のスケッチ
道や場所をあける。〈日葡
離れ離れになる。ちりぢりになる。
「兵三百余人討たれにければ、東西に―・けて」〈太平記・一九〉

ばら・ける【散ける】

[動カ下一][文]ばら・く[カ下二]まとまっていたものがばらばらになる。「が―・ける」「練り餌が水中で―・ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばらける【散ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 ばら・く
一つにまとまっていたものがばらばらにわかれる。 「髪が-・ける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

散ける/粗けるの関連キーワード千曲川

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android