散ける/粗ける(読み)アラケル

デジタル大辞泉の解説

あら・ける【散ける/粗ける】

[動カ下一][文]あら・く[カ下二]
間を離す。ちらばらせる。特に、火や灰などをかき広げる。
「ぷすぷすけぶる雑木を大火箸で―・け」〈藤村千曲川のスケッチ
道や場所をあける。〈日葡
離れ離れになる。ちりぢりになる。
「兵三百余人討たれにければ、東西に―・けて」〈太平記・一九〉

ばら・ける【散ける】

[動カ下一][文]ばら・く[カ下二]まとまっていたものがばらばらになる。「が―・ける」「練り餌が水中で―・ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばらける【散ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 ばら・く
一つにまとまっていたものがばらばらにわかれる。 「髪が-・ける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android