コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱れる/紊れる(読み)ミダレル

デジタル大辞泉の解説

みだ・れる【乱れる/×紊れる】

[動ラ下一][文]みだ・る[ラ下二]
まとまりがなくなる。ばらばらになる。「髪が―・れる」「風に―・れて木の葉が舞う」
本来なら整っているはずのものが崩れる。順序などがめちゃめちゃになる。「列が―・れる」「呼吸が―・れる」「ダイヤが―・れる」
規律・けじめなどがなくなる。だらしなくなる。「風紀が―・れる」「生活が―・れる」
心が平静でなくなる。思いまどう。「気持ちが―・れる」
騒乱が起きたりして、平和でなくなる。「国が―・れる」「が―・れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

乱れる

1964年公開の日本映画。監督:成瀬巳喜男、脚本:松山善三、撮影:安本淳。出演:三益愛子高峰秀子加山雄三草笛光子、白川由美、坂部紀子、柳谷寛ほか。

乱れる

東海テレビ制作、フジテレビ系列放映による日本の昼帯ドラマ。1965年11月~1966年1月放映(全65回)。1964年公開の成瀬巳喜男による同名映画のテレビドラマ化。出演:南田洋子中山仁、吉川満子ほか。

乱れる

TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。1977年3~5月放映(全45回)。出演:武原英子、速水亮、横内正ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報