数珠掛鳩(読み)ジュズカケバト

大辞林 第三版の解説

じゅずかけばと【数珠掛鳩】

ハト目ハト科の飼い鳥。中央アフリカ原産のバライロシラコバトが原種という。全長約25センチメートル。羽はクリーム褐色で、後頭部から頸側にかけて半月形の黒い環がある。

ずずかけばと【数珠掛鳩】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

数珠掛鳩 (ジュズカケバト)

学名:Streptopelia risoria
動物。ハト科の鳥,家禽

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅずかけ‐ばと【数珠掛鳩】

〘名〙
① ハト科の鳥。シラコバトの近縁種を原種として作り出された飼養品種。全長約三三センチメートル。羽色は灰白色で、くびの背面に一条の黒線があるのでこの名がある。各地で飼い鳥として飼育。特に、純白色の変種はギンバトと呼ばれる。〔生物学語彙(1884)〕
② 鳥「しらこばと(白子鳩)」の異名。
※俳諧・炭俵(1694)上「岸のいばらの真(まっ)白に咲〈野坡〉 雨あがり珠数懸鳩の鳴出して〈孤屋〉」

ずずかけ‐ばと【数珠掛鳩】

〘名〙 鳥「しらこばと(白子鳩)」の異名。
洒落本・二日酔巵觶(1784)大尾「合点と繰出す珠数掛鳩(ズズカケハト)、間言(むだ)に三ん枝の礼も聞かねば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android