大尾(読み)たいび

精選版 日本国語大辞典「大尾」の解説

たい‐び【大尾】

〘名〙
① 大きいしっぽ。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「北川新築をの間に起こし大へに炙鰻の大を掉かす」 〔易林‐大畜卦・遯〕
② まったくの終わり。最後終局。結末。
※雑俳・末摘花(1776‐1801)二序「又大尾の恋句は名古屋木綿の情のたっぷりしたるを拾ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大尾」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android