コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文七 ブンシチ

2件 の用語解説(文七の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶんしち【文七】

元結などにする、つやのある白い紙。
文七元結」の略。また、それを作る職人。
《大坂の侠客(きょうかく)雁金文七の人形に用いられたところから》文楽人形の首(かしら)の一。「絵本太功記」の光秀、「菅原伝授手習鑑」の松王丸など、悲劇の主人公に使われる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんしち【文七】

「文七元結」の略。
紙の名の一。きわめて白く艶つやがあるもの。
文楽人形の首かしら名の一。線が強く男性的で、苦悶と武勇を表す複雑な表情のもの。「男作五雁金おとこだていつつかりがね」の雁金文七に用いたところからの名。 → かしら

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文七の関連情報