コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文久永宝 ぶんきゅうえいほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文久永宝
ぶんきゅうえいほう

江戸幕府が文久3 (1863) ~慶応3 (67) 年に江戸深川の銀座と浅草の金座で鋳造させた四文銅銭。寛永一文銭4枚に通用し,銭文松平慶永板倉勝静小笠原長行3人の手になる。明治になっても長く通用した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんきゅう‐えいほう〔ブンキウ‐〕【文久永宝】

江戸幕府が文久3年(1863)に鋳造した銅銭。文久銭。文久四文銭

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんきゅうえいほう【文久永宝】

1863年(文久3)2月から67年(慶応3)にかけて鋳造・発行された銅貨で4文通用の銭貨。鋳造は江戸浅草橋場町の金座,深川海辺新田および浅草橋場町の銀座で行われた。これに先だって,1860年(万延1)に精鉄銭の寛永通宝(鉄4文銭)が造られたので,銅貨の寛永一文銭を回収して文久永宝が鋳造された。それは従来の寛永四文銭よりも小型で,材質も劣る。【作道 洋太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんきゅうえいほう【文久永宝】

文久3年(1863)に発行された、銅の穴あきの四文銭。文久四文銭。文久通宝。文久銭。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

文久永宝の関連キーワード波銭・浪銭波銭

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android