文珠塚古墳(読み)もんじゅづかこふん

国指定史跡ガイドの解説


大阪府堺市西区上野芝向ヶ丘町にある前方後円墳。三国ヶ丘台地の南端で百済(くだら)川と美濃川が合流する地点の南側に突出する、標高25mの台地端に位置し、上石津ミサンザイ古墳(履中(りちゅう)天皇陵)の南方、石津川の支流を隔てた丘陵上に所在する。1971年(昭和46)に国の史跡に指定された。墳丘の全長は約70m、後円部径約35m、高さ約6m、前方部の幅約35m、高さ約5m。埴輪(はにわ)・葺石(ふきいし)・周濠などは明らかでなく、内部主体も不明だが、墳形から6世紀ごろ築造されたと推定される。この地域は応神(おうじん)・仁徳(にんとく)天皇陵を中心とする百舌鳥(もず)古墳群の南限地域であるが、この古墳は丘陵上の最高所に位置しているなどの条件から、その主墳と位置づけることができる。古墳周辺は人家密集地となり、後円頂部の一部には採土跡もみられるが、なお全体的に墳形はよく保たれている。JR阪和線上野芝駅から徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android