コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斉家坪遺跡 せいかへいいせきQi-jia-ping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斉家坪遺跡
せいかへいいせき
Qi-jia-ping

中国甘粛省 洮河流域の中位段丘上に位置する新石器時代の遺跡。 1924年,スウェーデンの考古学者 J.G.アンダーソンによって調査された。当初,甘粛仰韶文化最古のものという年代的位置が与えられたが,現在では竜山期並行とされている。アンフォラ型の双耳壺に特徴があるが,縄蓆文土器,櫛目文様をもつ土器などその様相は複雑で,青銅器の影響を受けたと考えられる土器もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいかへいいせき【斉家坪遺跡 Qí jiā píng yí zhǐ】

中国甘粛省広河県,洮河西岸にある斉家文化の標準遺跡。1924年J.G.アンダーソンが調査し,甘粛六期編年の最初に位置づけたが,その後の調査で甘粛仰韶文化よりも新しく辛店文化(辛店遺跡)より古いことが明らかとなった。炭素14法の測定値も前2100年をさかのぼらず,中原の竜山文化の遅い段階に並行している。遺跡は南北500m,東西200~300mの地域にわたる。磨製の石斧,片刃石斧石鏃石庖丁と,骨針や骨錐などの骨器が出土。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android