コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造谷 コウゾウコク

2件 の用語解説(構造谷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうぞう‐こく〔コウザウ‐〕【構造谷】

断層褶曲(しゅうきょく)によって生じた谷。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

構造谷
こうぞうこく

地殻運動(地殻変動)の直接の影響で生じた谷。断層運動や褶曲(しゅうきょく)運動で形成される。断層線に沿って発達した谷(例、日本南アルプスの赤石山脈西縁を限る中央構造線に発達している谷)や、並走する断層によって陥没した細長い地溝谷(例、徳島県の吉野川の谷や、ドイツのライン地溝帯など)がある。褶曲の向斜軸に沿って発達する谷を向斜谷といい、背斜軸に発達する小丘を背斜山陵とよんでいる。新潟県の東頸城(くびき)・魚沼(うおぬま)丘陵に向斜谷の実例が知られている。[有井琢磨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の構造谷の言及

【谷】より

…18世紀にもまだ,谷が天変地異によって突然形成されたものであるという誤った認識が根強く残っていたが,レオナルド・ダ・ビンチはさすがに谷が水流の長年にわたる浸食の結果であるという正確な洞察をもっていた。 谷が川や氷河の浸食作用によって形成された場合に浸食谷といい,断層や褶曲などの構造運動によって生じた谷を構造谷という。地球上の谷の大部分は浸食谷である。…

※「構造谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

構造谷の関連キーワード断層湖断層谷横臥褶曲地窓褶曲・皺曲褶曲山脈ジュラ褶曲断層荷重褶曲小褶曲片麻岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone