コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造谷 コウゾウコク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

構造谷
こうぞうこく

地殻運動(地殻変動)の直接の影響で生じた谷。断層運動や褶曲(しゅうきょく)運動で形成される。断層線に沿って発達した谷(例、日本南アルプスの赤石山脈西縁を限る中央構造線に発達している谷)や、並走する断層によって陥没した細長い地溝谷(例、徳島県の吉野川の谷や、ドイツのライン地溝帯など)がある。褶曲の向斜軸に沿って発達する谷を向斜谷といい、背斜軸に発達する小丘を背斜山陵とよんでいる。新潟県の東頸城(くびき)・魚沼(うおぬま)丘陵に向斜谷の実例が知られている。[有井琢磨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の構造谷の言及

【谷】より

…18世紀にもまだ,谷が天変地異によって突然形成されたものであるという誤った認識が根強く残っていたが,レオナルド・ダ・ビンチはさすがに谷が水流の長年にわたる浸食の結果であるという正確な洞察をもっていた。 谷が川や氷河の浸食作用によって形成された場合に浸食谷といい,断層や褶曲などの構造運動によって生じた谷を構造谷という。地球上の谷の大部分は浸食谷である。…

※「構造谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

構造谷の関連キーワードヤルンズアンボ[川]グアダルキビル[川]吉野川(奈良県)グアダルキビル川長谷(長野県)フランス(国)マナグア[湖]釧路沖海底谷エブロ[川]筑紫野[市]筑紫野(市)太宰府[市]太宰府(市)奈良(県)清川(村)谷・渓・谿ネス[湖]福岡(市)伊那山地生駒山地

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android