コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新湯温泉 あらゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新湯温泉
あらゆおんせん

別称奥塩原温泉。栃木県北部,塩原温泉郷上部に湧く温泉。泉質硫黄泉泉温は 64~76℃。塩原と鬼怒川を結ぶ日塩もみじライン沿いに位置するため観光客の利用が多いが,糖尿病皮膚病効能が高いことから療養客も多く,共同浴場も3ヵ所ある。標高 900m近くあり,付近は秋の紅葉がみごとである。

新湯温泉
しんゆおんせん

鹿児島県北東部,霧島山南側の標高約 900mの高原にある温泉。霧島市に属する。観光客向きの温泉が多い霧島温泉郷のなかでは,ひなびたたずまいを残しており,湯治客や静養客が多い。泉質は硫黄泉。泉温は 42~62℃。皮膚病や神経痛に効果があるといわれる。霧島山を縦断する霧島スカイライン沿いにあり,新燃岳の登山口にもなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

新湯温泉の関連キーワード上山(市)栗駒五湯高原山牧園

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新湯温泉の関連情報