コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新湯温泉 あらゆおんせん

2件 の用語解説(新湯温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新湯温泉
あらゆおんせん

別称奥塩原温泉。栃木県北部,塩原温泉郷の上部に湧く温泉。泉質は硫黄泉。泉温は 64~76℃。塩原と鬼怒川を結ぶ日塩もみじライン沿いに位置するため観光客の利用が多いが,糖尿病や皮膚病に効能が高いことから療養客も多く,共同浴場も3ヵ所ある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

新湯温泉
しんゆおんせん

鹿児島県北東部,霧島山南側の標高約 900mの高原にある温泉。霧島市に属する。観光客向きの温泉が多い霧島温泉郷のなかでは,ひなびたたずまいを残しており,湯治客や静養客が多い。泉質は硫黄泉。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新湯温泉の関連キーワード黒磯塩原塩原温泉郷芦原温泉・蘆原温泉奥塩原オートキャンプ場温泉郷めぐりハンターマウンテン塩原栃木県那須塩原市塩原岡山県真庭市湯原温泉竜化ノ滝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新湯温泉の関連情報