コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方等 ホウドウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐どう〔ハウ‐〕【方等】

《〈梵〉vaipulyaの訳。方広とも訳す。方正にして平等の意。音写は毘仏略》仏語。
大乗の教え。また、大乗経典。
方等経」に同じ。
方等時」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうどう【方等】

〘仏〙 〔 vaipulya「広大」の意〕 大乗の教え、あるいは大乗経典のこと。方広。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

方等
ほうとう

仏教で、大乗の経典をさす。方広ともいう。原語はサンスクリット語でバイプルヤvaipulyaである。本来、「広い」とか「大きい」とかの意味をもつにすぎないが、大乗では非常に重要な意味をもつように喧伝(けんでん)されている。それは方等が、仏所説や如来(にょらい)所説の十二部経(じゅうにぶきょう)の一とせられ、後世に製作された大乗経典が、十二部経の方等にあたり、したがって大乗経典は仏説であると主張されたためであろう。すなわち、パーリ語の九分(くぶん)教ベーダッラvedalla(教理問答)のかわりに、サンスクリット語の十二分教ではバイプルヤvaipulya(方等)と置き換え、このバイプルヤがすなわち大乗の経典をさすとする。後世発達した経典の権威づけのために、九分十二分教の転釈が行われたとみられる。[前田惠學]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

方等の関連キーワードCMI(Computer Managed Instruction)臓器移植ネットワーク高度救命救急センターU. プレンツドルフライフステージ情報公開制度ガラービーヤ新司法試験旗本由紀子アプローチ行政手続法申告書A十二分経人道支援人道援助五五百歳五時八教大乗経典雇用管理法華玄義

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android