コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本海側気候 ニホンカイガワキコウ

世界大百科事典 第2版の解説

にほんかいがわきこう【日本海側気候】

関口武(1959)や鈴木秀夫(1966)らによる気候区分法における〈裏日本式気候〉に相当し,漸移帯を中に挟んで,中央脊梁山脈によって太平洋側気候と区分される。太平洋側との大きな違いは冬の雪である。水分の供給源は厳冬でも表面水温が+10℃という対馬海流で,この上にシベリアから寒冷な(海面近くでも-10℃)北西季節風が吹きつけ,ついたての役割をする中央脊梁山脈で強制上昇され,大雪をもたらす。この気候は北海道西部,東北西部,北陸,山陰,九州北部の各地にみられるが,最も典型的なのは北陸地方で,冬の季節風が強いと山雪型,弱いと里雪型となり,豪雪が発生し大損害をもたらすことがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にほんかいがわきこう【日本海側気候】

日本列島の日本海側に特徴的にみられる気候。冬は日本海の上を吹き渡ってくる北西季節風のために曇天や降雪が多く、夏は南東季節風のために晴天が多い。また、日本海に低気圧が発達すると、フェーン現象が起こる。北陸地方が典型。日本海岸式気候。 ↔ 太平洋側気候

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本海側気候の関連キーワード日本海岸気候湯田[町]内陸気候津軽平野富山県石川県

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android