日本遠征記(読み)ニホンエンセイキ

デジタル大辞泉の解説

にほんえんせいき〔ニホンヱンセイキ〕【日本遠征記】

幕末期日本に来航したペリーが、帰国後米国政府の要請により編纂(へんさん)した記録。3巻。1856年刊。日本との条約締結交渉をはじめ、日本の産業風俗などについても記述する。ペリー提督日本遠征記。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にほんえんせいき【日本遠征記】

ペリーが1852、53、54年の三度にわたって中国海域および日本に来航した際の記録。三巻。ペリー監修、ホークス編。1856年刊。日本開国の交渉経緯、外国人の見た日本の風俗などを知るうえで貴重な史料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にほんえんせいき ニホンヱンセイキ【日本遠征記】

(原題Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan) 旅行記。全三巻。ペリー監修、ホークス編著。一八五六~六〇年刊。アメリカの提督ペリーが一八五五年一月本国に帰国したのち、政府の委嘱で編集・公刊にあたった日本を中心とする来航記録。乗組員の日記・覚書を中心に、日米和親条約締結の経緯、日本・琉球の産物などを記す。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本遠征記の関連情報