日清製粉グループ本社[株](読み)にっしんせいふんグループほんしゃ

百科事典マイペディアの解説

日清製粉グループ本社[株]【にっしんせいふんグループほんしゃ】

製粉業界トップ企業。1900年群馬県館林町(現,館林市)で正田貞一郎が館林製粉として創業,1907年横浜の日清製粉を合併して東京に移転。第1次大戦後輸出を中心に生産を伸ばした。戦後は自社ブランドの販売のほか飼料,医薬品,加工食品にも進出。1967年にマ・マー・マカロニの経営に参加。1972年よりエンジニアリング部門へ参入。2001年7月に製粉,食品,飼料,医療,ペットフードの全事業を分社し,持株会社への移行にともない日清製粉から社名変更。本社東京。工場は名古屋,鶴見,千葉,知多,東灘など。2011年資本金171億円,2011年3月期売上高4241億円。2011年3月期売上構成(%)は,製粉38,食品53,その他9。
→関連項目製粉業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android