コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日程計画法 にっていけいかくほうscheduling

世界大百科事典 第2版の解説

にっていけいかくほう【日程計画法 scheduling】

設備,機械人員などのいろいろな資源を用いて,いくつかの仕事を処理するスケジュールを作成する場合,あるいは土木,建設工事などにおける多数の作業の日程管理を行う場合などに用いられる方法を総称して日程計画法という。 たとえば,工場において何台かの機械を用いて何種類かの素材をそれぞれの素材に対して決められた機械の順序にしたがって加工する場合,できるだけ短い日数(あるいは時間)ですべての加工を終了することを考える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日程計画法の関連キーワード設備

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android