コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧る フル

デジタル大辞泉の解説

ふ・る【旧る】

[動ラ上二]
古くなる。年をへて古びる。昔と今とすっかり変わる。
「あをによし奈良の都は―・りぬれどもとほととぎす鳴かずあらなくに」〈・三九一九〉
年をとる。
「―・りにし嫗(おみな)にしてやかくばかり恋に沈まむ手童(たわらは)のごと」〈・一二九〉
古くからの縁がある。
「現(うつつ)にも夢(いめ)にも我は思はずき―・りたる君にここに逢はむとは」〈・二六〇一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

旧るの関連キーワード世・代うつつ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android