コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昇曙夢 のぼりしょむ

4件 の用語解説(昇曙夢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昇曙夢
のぼりしょむ

[生]1878.7.17. 鹿児島奄美大島
[没]1958.11.22. 東京
翻訳家,ロシア文学者。本名,直隆。 1903年正教神学校卒業。陸軍士官学校早稲田大学などの教授をしながら二葉亭四迷の没後最も早く近代ロシア文学の翻訳を始め,その訳業はほとんど全作家に及んだ。 56年日本芸術院賞受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

昇曙夢【のぼりしょむ】

翻訳家,ロシア文学者。本名直隆。鹿児島県生れ。ニコライ正教神学校卒,母校の講師となる。1910年,クープリンやアンドレーエフなど,チェーホフ以後の新しい小説家の作品を集めた《露西亜現代代表的作家 六人集》を出版,1912年の《毒の園》と併せ,ロシアの不安の文学を紹介した書として,同時代の青年や作家に多大の影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

昇曙夢 のぼり-しょむ

1878-1958 明治-昭和時代のロシア文学者。
明治11年7月17日生まれ。陸軍士官学校教授,のち早大講師。ザイツェフ,クプリーンなど20世紀初頭の作家の作品の翻訳,紹介につとめた。昭和33年11月22日死去。80歳。鹿児島県出身。ニコライ正教神学校卒。本名は直隆。著作に「ロシア・ソヴィエト文学史」,訳書に「六人集」「毒の園」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昇曙夢
のぼりしょむ
(1878―1958)

ロシア文学者。鹿児島県奄美(あまみ)大島に生まれる。本名は直隆(なおたか)。1903年(明治36)ニコライ正教神学校卒業。母校講師、陸軍士官学校教授、ほかに早大、日大などの講師を歴任。『露国文豪ゴーゴリ』(1903)に始まり、翻訳集『六人集』(1910)、『毒の園』(1912)でバリモント、ザイツェフ、ソログープらロシア近代主義文学を紹介し、民話やゴーゴリ、ツルゲーネフ、トルストイ、ゴーリキー、クプリーン、およびソ連初期の文芸理論を精力的に翻訳、紹介。ロシア文学と芸術、ソ連事情に関する論文・著作があり、主著『ロシヤ・ソヴェート文学史』(1955)で芸術院賞を受けた。太平洋戦争後、米軍政下に置かれた故郷のために『大奄美史』を刊行、復帰運動の先頭にもたった。[中本信幸]
『『ロシヤ・ソヴェート文学史』(1955・河出書房/1957・東京堂/1976・恒文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

昇曙夢の関連キーワード東京(都)エアトンメンデンホールローレンツ金子堅太郎キント島田一良ハリス霞石閃長岩郡長

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昇曙夢の関連情報